pode ser um romance

Whisper Of Acer (奥多摩・外秩父の森から)

b0255992_12513426.jpg
そこは、黄葉の森だった。
森に一歩踏み入ると、コアジサイが、ミズナラ、サワシバが、そしてカエデの仲間が思い思いに彩り輝いていた。
今回はカエデの仲間にスポットをあて、それぞれがアピールしている黄葉・紅葉をお届けしよう。
題して「Whisper Of Acer」 ちょっとカッコつけ過ぎかな…



b0255992_1311052.jpg
奥多摩・三頭山への道は、今まさに紅葉(黄葉)の真っ盛り。
遠目にも燃えるように色付いていたのはイロハモミジだった。紅葉の撮影は、曇天と晴天では趣がかなり違ってくるが、この日は何となく花曇り。柔らかな陽射しに紅色が沁みてくる。



b0255992_13154294.jpg
イロハモミジのアップ。
色付きのパターンは紅、緋、黄と様々だが、比較的紅く染まる葉っぱが多い。
イロハモミジの由来は、葉っぱの切れ込みをイ、ロ、ハ、ニと数えたことから。



b0255992_13191980.jpg
イロハモミジの落ち葉。
「モミジ」というのは、色付く葉っぱの総称らしく、特定の樹木を指すものではないらしい。
イロハモミジも樹木としては 「カエデ」 に分類される。



b0255992_13252265.jpg
こちらはオオモミジ。
画像からでは分かり難いけれど、名前のとおり葉っぱがイロハモミジよりぐっと大きい。
山ではオオモミジの方がポピュラーかも知れない。ご覧のように黄葉するケースも多い。



b0255992_13293684.jpg
オオモミジの葉っぱはこんな感じだ。
イロハニホヘト、と数えると、葉っぱの切れ込みは7つになる。カエデの仲間の葉っぱの切れ込みは、不思議なことにほとんどが5枚とか3枚とか奇数になる。



b0255992_13323072.jpg
紅色が映えるコハウチワカエデ。
平地の雑木林よりも、少し高い山に登れば必ず出会えるカエデだ。
ご覧のカットは渓流に架かる吊り橋から撮影したもの。



b0255992_1336391.jpg
こちらのコハウチワカエデは緋色タイプのもの。



b0255992_13374493.jpg
こちらは黄色タイプのコハウチワカエデ。



b0255992_13383918.jpg
そして、コハウチワカエデ(黄色タイプ)の落ち葉。
名前の由来は、天狗の持つ葉団扇から、というが…



b0255992_1341844.jpg
黄色に染まるハウチワカエデ。
名前は紛らわしいが、葉っぱがコハウチワカエデに比べればずっと大きくて見応えがある。
撮影の傍ら、通りすがりの登山者がこの樹を見上げて歓声を上げていた。



b0255992_1350329.jpg
こちらは緋色タイプのハウチワカエデ。
陽に透けた色合いはなんとも言えない。



b0255992_13515290.jpg
ハウチワカエデの落ち葉。



b0255992_13533562.jpg
山ではお馴染のウリハダカエデ。
こちらは緋色タイプだが、真っ赤や、まっ黄色に色付く葉っぱもある。



b0255992_13554129.jpg
ウリハダカエデの葉っぱはこんな感じ。
カエデの仲間としては比較的大型の葉っぱ。



b0255992_13582823.jpg
こちらはウリカエデ。
またまた紛らわしい名前だが、ウリハダカエデに比べると葉っぱがぐっと小さくなる。切れ込みも3つで同じだが全体的にほっそりした感じになる。
ウリハダとかウリとは、マクワウリとかキュウリに由来し、幹の模様がそのように見えることから。



b0255992_1422028.jpg
ウリカエデの葉っぱ。
里山の雑木林を鮮やかに彩るカエデの代表種だ。



b0255992_1434795.jpg
こちらはミネカエデ。
少し高い山に登ると、このカエデの仲間が多くなる。
尾瀬とか上高地あたりではお馴染のカエデ。



b0255992_1473567.jpg
そしてこちらがコミネカエデ。
葉っぱのデザインといい、全体的な雰囲気といい、山のカエデっていう印象がある。
ミネカエデとの見分け方は葉っぱの形態くらいだが、こちらの方がほっそりと繊細な感じになる。
実際は紛らわしい葉っぱもあってなかなか難しく悩ましいが、それほど厳密に見分ける必要もないと思うが…



b0255992_14151816.jpg
またまた悩ましいカエデの登場、こちらはエンコウカエデ。
図鑑によっては、イタヤカエデとして一色単に扱われている場合もある。
以前参加した観察会では、リーダーがこのカエデを「エンコウカエデ」と説明していたので、以来、印象に残っているカエデだ。「エンコウ」とは猿候、すなわち猿の掌という意味らしいが、さて、如何なものか。
ご覧のカットは、やや色付きの時期を過ぎた感じだが、本来は綺麗な赤褐色になる。



b0255992_14262143.jpg
エンコウカエデの落ち葉(その1)



b0255992_14273487.jpg
エンコウカエデの落ち葉(その2)



b0255992_1430649.jpg
これまた悩ましいカエデで、こちらはイタヤカエデ。
オオモミジの変形もエンコウカエデも、イタヤカエデとしてひと括りにしてしまっている本もあったりするが、それでは少し乱暴な気もする。
イタヤカエデも、オニイタヤとか、アカイタヤ、クロビイタヤとか細かく分類もされているが、ベースはみんなイタヤカエデ。
山を歩きながら黄葉(紅葉)を楽しむのだから、もしこんな形の葉っぱを見つけたらイタヤカエデということで、それで十分だと思う。



b0255992_14413469.jpg
悩ましついでに挙げるなら、図鑑で調べると、こちらはオニイタヤ? っぽいけど…



b0255992_14425993.jpg
こちらはメグスリノキ。
あの日のサーモンピンクがとっても素敵で、すっかりファンになってしまったカエデだ。以来、なかなかあの日のような感動的な色合いに出会えない。
葉っぱは3出葉で、その形からカエデの仲間とは思い難い。メグスリノキとは「目薬の木」のことで、葉っぱや幹の皮を細かく乾燥させ、それを煎じたものが目薬になるということから。
山間のドライブインとか道の駅で売られているのを時折見掛けることがある。



b0255992_14523337.jpg
メグスリノキの落ち葉。
なんとも言えない色合いだが、綺麗な紅葉の時期に出くわすのはなかなか難しい。奥多摩・三頭山の山麓では真っ赤に色付いたメグスリノキの大木があった。



b0255992_1513462.jpg
こちらはヒナウチワカエデ。
斜面林の紅葉を見上げながら歩く杣道だが、足元には細かく切れ込んだ鋸歯が特徴のヒナウチワカエデが鮮やかに色付いていた。



b0255992_1571676.jpg
こちらはチドリノキ。
これでも立派にカエデの仲間。葉っぱは概ね黄色に色付くが、なかなか綺麗な色合いの葉っぱに出会えない。
この日は渓流沿いにたくさんこの樹が色付いていて、久々の出会いに惜しみなくカメラを向けたが、画像はご覧のとおりの出来栄えである。



b0255992_16493760.jpg
ちょっと珍しいカエデでハナノキ(ハナカエデ)に出会えた。
葉っぱの色付きはとても鮮やかで、紅、緋色、黄色というように色とりどりで見ていて飽きない。



b0255992_15192239.jpg
こちらは別のハナノキ。
画像は色処理も何もしていないが、実際はもっと鮮やかな感じ。



b0255992_15205850.jpg
ハナノキの色付く葉っぱを望遠で捉えると、鮮やかな紅色がキラキラと揺れていた。



b0255992_152622.jpg
ハナノキの根元は、こんな感じで落ち葉がいっぱい。



b0255992_1526552.jpg
奥多摩・三頭山の中腹では、楽しみにしていたマルバカエデにも会えた。
昨年の外秩父では時期を逸してしまい、すでに落葉ばかりでがっかりだったけれど、今シーズンは印象的なレモンイエローの美しい黄葉に間に合った。
色合いといい、風情といい、個人的には好きなカエデのベスト5に入る。



b0255992_15342484.jpg
マルバカエデは結構な大木になる。
その根元には、ご覧のように鮮やかな落ち葉がいっぱい。



b0255992_15355294.jpg
こちらはカジカエデ。
外秩父・丸山の山麓にはカエデの仲間がたくさん自生している。今秋、その歩きなれた山道で初めてカジカエデを見つけた。黄葉が目立つ比較的大きな葉っぱだが、どうして今まで見過ごしていたのだろう。
このカットは急な斜面にズルズル足を取られ、難儀しながら撮った一枚である。



b0255992_1545576.jpg
カジカエデの葉っぱはこんな感じ。
葉柄が長く独特なデザインで、一般的には鮮やかな黄葉になる。



b0255992_15513527.jpg
色付く里山の丘から奥多摩、外秩父山系を望む。
今回はいつになく楽しくって、新たな発見もあるカエデ巡りができた。

山に登れば、モミジもカエデもみ~んな一緒だよ。
色付いた葉っぱを見上げて 「いいなぁ…」 って感動すればそれでいいじゃん。
と、山好きの彼は言った。私も、そう思う。

鳥や花々、木々の名前は覚えるものではなくて、まずは親しむことからはじめたい。
その過程で名前が覚えられたのならば、結果としてOKということだろう。そんなスタンスでいいと思う。
ということで、今回のレポはたまたま知っているカエデの名前を挙げ、画像にキャプションを添えた程度のものなので、サラッと読んでいただけたのでは、と思う。
by windy1957 | 2012-11-13 17:19 | memory of Satoyama | Comments(23)
Commented by 矢車草 at 2012-11-13 21:59 x
翼さん、こんばんは~♪

もう心躍るような画像の数々・・・そして、色々なカエデの紅葉、黄葉・・・
素敵過ぎますって~翼さんったら~♪
こんなレポっていいですねェ。私、さらりとではなくじっくり拝見しましたよ。
そして、何回もここに通って勉強します!

三頭山・・・駐車場が心配でなかなかいけないのですが、これは来年の秋は必ず行かないと♪
カエデの葉っぱを色々拾って、こちらのページを参考書に持っていかなくっちゃ。
何度眺めても飽きることの無い画像ばかりでうっとりしてしまいましたよ~❤
スキン変えられたのですね。私と一緒かな?このほうが写真の美しさが引き立ちますね。
Commented by at 2012-11-13 23:50 x
こんばんは。
素晴らしいですね!!
まさに、秋満載。
次々と現れるお写真に、ため息をついています。
色鮮やかで、美しくて、眩しくて。
楓の種類なんて、まったく知らなかったので、勉強にもなりました。
Commented by at 2012-11-14 08:21 x
矢車草さん★
おはようございます。
早々とお出でいただき、いつもありがとうございます。
樹木や昆虫、野鳥や花々を楽しみながらの山登りって、大好き
なんですよ。知らず知らず図鑑を眺めているうちに名前が出て
くるようになりました。
カエデは種類が多いですね。三頭山だけでも19種類ものカエデ
が自生しているようです。
私もすべてのカエデが見分けられませんが、葉っぱの形や色合
いは、なぜかいつも気になります。そんなことを感じながら、
これからの季節は感慨深い山歩きができますね。
テンプレートを替えてみました。画像が大きく載せられるので。
はい、矢車草さんと同じパターンですね。画像、一生懸命撮り
ためないと(笑)
川苔山のレポ、懐かしく読ませていただいてます。また後でお
邪魔いたしますね。
Commented by at 2012-11-14 13:12 x
空さん★
秋満載、カエデ満載でお届けしましたが、見てくださってあり
がとうございます。
カエデの種類って、多いんですよね。私のフィールドである里
山でさえ5、6種類見ることができるでしょう。きっと、空さ
んのお近くの里山でも同じような種類のカエデが楽しめること
と思いますよ。
今秋はきちんとした山登りができず、暇をみつけては里山や近
場の低山をウロウロしてました。そんな時でも美しく色付いた
ハウチワカエデなど見ていると、心にスーッと沁み込んでくる
ものがあります。勉強などと思わず、野山でカエデの樹を見掛
けたら、葉っぱの形を観察してみてください。そのちょっとし
た違いが分かると思います。その違いが面白くなればどんどん
興味も増して来ますし、調べたくもなります。
フィールドでは不思議なことがいっぱいです。秋から冬にかけ
ての明るい森、今度は何を探しましょうか。
Commented by sizuku at 2012-11-14 22:39 x
綺麗ですね~♪
やっぱり翼さんだなぁと、納得の画像の数々でした。
透過光のカエデの透き通るような色彩にうっとりでした。
なかでも、緋色タイプのハウチワカエデとウリカエデの色合い、マルバ楓の落ち葉、素敵でした。
ハナノキは、圧巻の美しさですね。今度、探してみたいです。
これからは、足元に散り敷いた落ち葉が語りかけてくれますね。
本当に楽しい季節、宝探しをするように森を歩いてみたいです。

最後のお写真、外秩父の山々って、青く連なって見えますよね。
そして、冬には薄紫に見えます。生まれ育った関東平野からの眺めを思い出しました。
Commented by Non at 2012-11-15 19:02 x
こんばんは。最初に紅葉の基本的なことを伺ってもいいですか? 数年前から疑問に思っていて、
でも秋が過ぎると忘れてしまう(笑)疑問なのですが、翼さんならご存知かなぁって拝読してて思ったので…
  黄・紅葉のしくみは、その色素によるものと、なんとなく分かっています。ただ、疑問に思ったのはその前後で、
黄緑や緑⇒黄、赤、紅、緋色、紫… と様々に変わりますが、たとえば、緑⇒赤⇒黄…と変化することはないんですか?
 木によって、黄色に赤が混じったり、オレンジに赤が混じったりしますが、黄色なら黄色のグラデーション、
赤なら赤の濃淡だけで、他の色に変わることはないのでしょうか?
Commented by Non at 2012-11-15 19:02 x
(続き) 一時、赤が色あせて、黄色やオレンジ系になるのかなと思っていました。でも、考えてみれば赤なら赤、
黄色なら黄色に紅葉する木があって、そこから茶褐色系へ変化するのが普通かなと思うようになって。
 ハナカエデ(きれいですね! たぶん見てているけど認識していませんでした)のようにカラフルな木も
あると思いますが、大抵は単色で、ときどき、陽の当り方で1枚の葉に違う色が混じる程度ですよね?

 ふと、写真を見返していて、イロハカエデの紅葉パターンが様々だから、オレンジ=紅葉途中、赤=絶頂期…
のように思ったのかもしれません。1本の木でもツートーンとかスリートーンとか、色々な木がありますよね。

 すみません、疑問をダラダラと。主旨はお分かりいただけましたでしょうか??(^^;)
Commented by Non at 2012-11-15 19:04 x
(続き) 改めて写真の感想を… 写真は、イロハのアップと、緋色タイプのハウチワカエデがいいなぁと思いました。
私の場合、バックの色が鍵になるようです。淡い色が混じっていたり、それこそグラデーションが素晴らしかったり。
 カジカエデは、「どこかで見たな…?」と思ったら、あのカナダ国旗のメープルそっくりですね~
 ざっと見ていると、「西洋カジカエデ」というのもある… ふむむ、カエデも奥が深いです。
 紅葉で、今年最も気に入ったのは、赤~赤紫系に色づくヤマブドウの大きな葉っぱでした。
 追伸: 長文、失礼いたしました(^^;;)
Commented by よしころん at 2012-11-15 20:12 x
わ~お~~! わんだほ~~\(^o^)/
何度も何度も繰り返し拝見しました。
すごいなぁ、自然ってなんて美しいのでしょう。
私も葉っぱのマクロ撮りをしてみたくなりました^^

カエデの見分け方は・・・ 
少しずつがんばります~~ ^^;
Commented by at 2012-11-16 10:51 x
sizukuさん★
いつもありがとうございます。
納得のいく画像だなんて、モミジ、カエデは誰が撮っても同じ
ように撮れると思いますよ。ただ、レンズによる再現画像の差
は多少あると思いますがね。
ハウチワカエデの色合いは絶品ですよね。実際はもっと綺麗で
すし、迫力もあります。それはハナノキも同じですが、この樹
は自生地を探すのは至難かも知れませんよ。私が撮影した樹も
恐らく植樹されたものかと思います。ハナノキの自然状態での
自生地は東海地方の数県のみのようで、それ以外は植樹された
可能性が大きいと思います。
外秩父の山並み、四季を通じて様々な風景が楽しめますよね。
私の家からも毎日眺めていますよ。
Commented by at 2012-11-16 11:26 x
Nonさん★
こんにちは。いつもありがとうございます。
いろいろ感想をお寄せいただき、ありがとうございます。
紅葉(黄葉)の仕組みですか… 一言では難しいですね。概略
ではNonさんのお考えで宜しいのかと。私も大まかに仕組みを
知っている程度なので、偉いことは言えません。ひとつのポイ
ントとして、紅葉は落葉と関連していると思います。つまり、
葉っぱが自ら落葉するためには枝と葉っぱとの間にある離層を
発達させる必要があります。離層が発達すれば葉っぱの養分は
葉の中に停滞します。この停滞する養分や色素成分が赤や黄の
元になるカロチノイドとアントシアニンです。前者は黄葉にな
り、後者は紅葉になります。これらの色素成分は樹種によって
大まかに分かれているようです。もっぱらイロハモミジはアン
トシアニンが多く、マルバカエデなどはカロチノイドが多く含
まれると思います。イチョウは間違いなく黄葉しますが、カロ
チノイドが多く含まれていることになります。
Commented by at 2012-11-16 11:32 x
Nonさん(No2)★
たとえば、コハウチワカエデとか、イロハモミジでも赤、黄、
緋、黄緑というように1本の樹木でも様々な色合いがモザイク
状に見られる場合があります。これは色素成分の度合いとか、
その樹木の生育環境の日照時間、湿度、温度等が微妙に有機的
に関連し合っている結果のようです。その結果、同一種であり
ながら赤や黄色一色単に染まらない現象が起こるようですが、
これも断定はできないと思います。自然界の現象は実に妙で不
思議なことがいっぱいですよね。
Commented by at 2012-11-16 11:46 x
Nonさん(No3)
落葉広葉樹は、針葉樹よりも進化していると言われています。
落葉するということは寒冷気候への適用であり、冬季は葉を落
として余分な労力は使わないということのようです。葉を付け
ている限り、光合成を行いますし生産活動も行います。落葉広
葉樹の選択は春からの成長期に向けての休養だったのでしょう
ね。つまり落葉するための前段の生理として紅葉(黄葉)があ
るようです。
紅葉(黄葉)は野菜にも当てはまりますよね。
カボチャなどの黄色野菜にはカロチノイドが多く含まれるので
中身は黄色になりますし、ニンジンやトマトはアントシアニン
が含まれるので赤色になると思います。

ごめんなさいね。
インストラクターの勉強でかじったくらいなので、こんな程度
のことしか書けません。もっと勉強しないと駄目ですね。
Commented by at 2012-11-16 11:58 x
よしころんさん★
いつもありがとうございます。
何度も見て下さってありがとうございます。何を隠そう、被写
体のアングルとか露出とか、よしこさんの画像も結構参考にさ
せていただいているんです。
息を止めてマクロ撮影。夏は大汗で大変すが、これからの季節
は少し楽になりますね。カエデの見分け方もそうですが、気分
が向いた時に気楽に眺めていれば、そのうち違いが分かるよう
になりますよ。山歩きって、楽しいことが大前提ですものね。
ま、気長にいきましょう。
Commented by fumifumi at 2012-11-16 18:44 x
こんばんは~
森は季節のフィナーレにふさわしいほどの華やかな彩りですね。
本当に綺麗で見入ってしまいます。

森の案内人翼さん軽快なトークを聞きながら、観察会に出席してるような気分になってきましたよ。
カエデがこんなにも種類が豊富とは知りませんでした。
メグスリノキのサーモンピンクの彩りにも惹かれます。
いいですね、こんな森歩きは最高ですね。
見せてくださってありがとうございます(*^。^*)
Commented by keitann at 2012-11-16 22:36 x
翼さん、こんばんは。

数日前にも拝見したんですが、紅葉画像、ほんとに圧巻ですね。

カエデの仲間はは何度咲いていればわかるのですが、葉の形だけからはなかなか難しくて、私がはっきり見分けられるのは里山にも多いウリハダカエデぐらいです。
石鎚山系に行くとコハウチワカエデやナンゴクミネカエデ、アサノハカエデなどあるらしいのですが、紅葉の始まる前だと色での見分けが難しいので、ほんとに難しいです。
来年は本腰を入れて勉強しなければと思います。

イタヤカエデは葉の形がわかりやすそうですね。

メグスリノキのピンクに染まったのは私も見たことがありますよ。
荒れは可愛いですね。
こちらだとクスノキ科のカナクギノキというのも黄葉が綺麗です。

明後日は徳島の中川流域にナカガワノギクやヤッコソウを見に行く予定ですが、何とか紅葉も見られるといいのですが・・・。
Commented by Non at 2012-11-17 02:03 x
 こんばんは。とても丁寧にご返答いただき、有難うございました。勉強不足なのは、私の方です。
 改めて手元の資料(昔のヤマケイの切り抜き)を取り出し、「紅葉のしくみ」読みました(^^;)
葉っぱの絵ばかり眺めて、「しくみ」をちゃんと読んでいなかったことが判明… 大変なお手数を
おかけして、申し訳ありませんでした。

 生意気にも追記させていただきますと… 葉っぱには元々、クロロフィル①とカロチノイド②を
含み、葉を落とす際、葉にアミノ酸が溜まってアントシアニン③が形成される。
③が目立てば赤系、②が目立てば黄色系… もっと、ちゃんと読めば良かったです (´Д`。)
Commented by Non at 2012-11-17 02:04 x
(続き)
 ニンジン…、カロチノイドの方ですね(カロチンは家庭科で習うので(^^))
さらにトマトは、アントシアニンよりリコピンの赤、イチゴの赤がアントシアニンだそうで…
 う~、一筋縄ではいかないですね。微妙な違いがあったり(すみません、私が覚えられる
ように…という気持もあって、書かせていただきました)。

 でも、翼さんに詳しくご説明いただいたおかげで、読み返してみよう、調べてみようと
思えました。樹木の進化まで取り上げて下さって、本当に感謝しています。有難うございました。
Commented by at 2012-11-19 08:49 x
fumifumiさん★
おはようございます。
今秋はこれまで満足のいく山歩きができず、モミジやカエデの
紅葉(黄葉)を撮っては気分を紛らしています。樹木に関心が
あるのなら、「カエデやヤナギの観察から始めたら」とある本
に書いてありました。そんなことがキッカケで、色付きも綺麗
なカエデの仲間から観察を始めたものです。ポケット図鑑を片
手に森を歩くのは楽しいもですね。メグスリノキはなかなか綺
麗な色合いのものに出会えません。多分、葉っぱそのものが色
付く期間が短いのかも知れません。
森の葉っぱが落ち始めると、今度は冬鳥のシーズン。また楽し
い森歩きが始まります。
Commented by at 2012-11-19 09:22 x
Keitannさん★
おはようございます。
カエデの仲間は、私も分類の自信がある訳ではないのですが、
葉っぱの形状や切れ込みのパターンを概ね覚えてしまえば、あ
とは観察を繰り返せばなんとなく判別できるようになります。
ナンゴクミネカエデやアサノハカエデは、こちらではちょっと
見つけることが難しいと思います。特にミネカエデの仲間は葉
っぱの形状も良く似ていて、実際にフィールドでは判別に迷う
こともしばしばです。これはイタヤカエデでも同じようなこと
が言えますが、最近では、あまり神経質に判別に拘る必要があ
るのかなぁ… なんて思ったりしてます。
メグスリノキの紅葉は、本当に筆舌にし難い色合いですよね。
あのサーモンピンクの独特な色合いは例えようもなく美しいの
ですが、なかなか綺麗な葉っぱの状態のものに出会えません。
徳島中川流域の観察、楽しそうですね。また、お邪魔して拝見
させていただきますね。
Commented by at 2012-11-19 09:36 x
Nonさん★
おはようございます。
わざわざコメントを入れていただき、ありがとうございます。
Nonさんもお詳しいので、私が説明するまでもないのですが、
浅学非才なもので、あの程度のことしか書けませんでした。
クロロフィルとカロチノイド、アミノ酸の関係など、そういえ
ば一時期、観察会のために覚えたのですが、やっぱり忘れてま
したね。こちらkそNonさんには思いだすキッカケをつくって
いただき感謝してます。
トマトのリコピン、イチゴのアントシアニン… これも勘違い
ですね、歳をとって頭が大分硬くなってるようです(笑)
Commented by inprevi at 2012-11-20 16:40
1枚目でわぁーーこれだ!翼さんの撮る写真だって思いましたわ♪
どれもこれもとても自然な色で美しいです
名前は覚えきれませんが見たことのある葉っぱがあり嬉しい気持ちです
ハナノキって鮮やかなのですね~!黄色と赤が混在していてとっても好みです、実際に見てみたいです
来年の楽しみができました、ありがとうございます
Commented by at 2012-11-20 20:11 x
ステラさん★
コメントありがとうございます。
嬉しいですね、自己満足な画像でも想ってくださる方が居るってこと。
この時季ならではの定番画像ですが、カエデの持つ魅力を少しでも
伝えたいと思いました。
ハナノキは本来のものではなくて、たぶん植林されたもののようです。
それでもあの美しい色合いは必見の価値がありますね。
来年の秋は、まだ見ぬカエデの葉っぱ探しで私も楽しみです。
冬がもうそこまで来ていますね。今度は冬鳥探しの森歩きが楽しみ
になってきます。