pode ser um romance

想いはグラスのふちを回る No2

b0255992_18522759.jpg
週末、楽しみにしていた観察会は雨でお流れ。
めずらしく山登りも里山歩きもせず、物憂いな週末は読書と酒で “たぶん ロマンかもね…”
読書の秋ということで、今回はインドアなレポを。
新刊、温存、リバイバルから、珠玉のエッセイ3冊をどうぞ。



b0255992_1922547.jpg
ということで、週末はこんな本を読んだ。
まずは「山の帰り道」
思っていた通り、山あり、恋あり、そして人生ありの抒情のエッセイだった。著者の沢野ひとしは 「椎名誠と怪しい探検隊」 の頃から好きで、彼の本はほとんど買い漁って読んでいる。イラストレーターであり、作家であり、アルピニストであり、さらにトレッカーとしての豊富な経験を話題としたシュールな文章には、ついつい引き込まれてしまう。
なかでも山にまつわる大人の淡い恋の話、やっぱグッと来るわ…


b0255992_20291189.jpg
2冊目はこの本。
今から10年ちょっと前、浦和浪漫山岳会に 「池田知沙子」 さんという山好きな女性が居た。ブナと渓をこよなく愛した彼女の珠玉のエッセイ集が 「みんなちさこの思うがままさ」 である。
この本を読むと、新緑の、真夏の、黄葉の、真冬のブナの森に無性に会いたくなる。

そして、とっておきの一節は…

「満天の星である。遠く稲光もする。
焚火が燃え上がると、ひととき星の数が少なくなる。
美しい闇のただ中に、沢音が確かなリズムをきざむ。
みんなちさこの思うがままさ…
月もだしてみせると有言してしまったさ。
多分、私たちが寝静まった頃
たんといっていいかわからないお月様が
静かに静かにめぐるのだろう。」

「トパーズの渓」 「私の奥利根」 「秋だね、シーンとなるね」 う~ん、何度読み返してもいいね。嗚呼、今夜は酒が進んじゃう。(池田知沙子:1999年、自宅にて脳内出血で急逝)


b0255992_20555874.jpg
そして3冊目。
知る人ぞ知る山めしレシピ集だ。最近、ハマっているブログ 「山めし礼賛」 で紹介されている山めしの数々が遂に書籍化された。恐らく、多くの山めしファンがこの機会を待ち望んでいたことだろう。そう、紛れもなく私もそのひとりだ。
ページをめくるたびに、山めし作りに山にでも行こうか… って、そんな思いに駆り立てられてしまう。
木の葉も落ち始めた晩秋の頃、手頃な山にでも登って、とっておきの山めしでも作ってみますか。


b0255992_21245553.jpg
そして、EZRA BROOKS。
それは、琥珀色の誘惑… 
やっぱイケるね。今夜もありがとう。


The End
by windy1957 | 2012-10-28 21:27 | in my life | Comments(10)
Commented by 矢車草 at 2012-10-30 09:37 x
翼さん☆

おはようございます~♪
翼さんのお洒落な週末・・・一本取られちゃいましたねェ。
沢野ひとしさん、私も前によーく椎名さんの本を読んでいたのでだいぶ前からのファンです。
でも、この本はまだ呼んだことがありません!探してみなくっちゃ(#^.^#)

ちさこさんの詩もいいですねーお酒が進んじゃうの分かります~(笑)
それしても、本を読みながらお酒傾けちゃう翼さんも素敵です❤

げんさんの本・・・見ているだけで創作意欲が湧きますね。山に行きたくなるし。
この方、ホントすっばらしく素敵な方なんですよ~!
お会いするとほっとしちゃって嬉しくて飲んじゃいます(爆)

朝から今夜は何を飲もうかな~って思いがいっぱいになってしまいましたよっ!
Commented by at 2012-10-30 16:21 x
矢車草さん★
さっそくありがとうございます。
思い起こせば矢車草さんとは「お弁当の時間」が縁でしたね。
ゴメンナサイね、実は、こっそりレシピ集にしてあるんです
よ(笑)
お洒落な週末ねェ… 山にも行かず、里山歩きもせず、まっ
たりゴロゴロとお酒を呑みながらの読書ですよ。
そうですか、沢野ひとしは知ってましたか。ちょっとセンチ
メンタルな山行記と恋の話がいいですよね。

「みんな知沙子の思うがままさ」は、ぜひお勧めな一冊です
が、今では入手が困難かもです。彼女の文章って、まるで、
山と森の妖精のような言葉でキラキラしてるんです。そう、
山めしもメニューが豊富で、これも見逃せません。

げんさん、私も会いたいなァ… で、趣のある居酒屋で一杯
お付き合いしたいです。勿論、矢車草さんもご一緒で。
Commented by Non at 2012-10-31 01:31 x
 こんばんは。私は遅読(じっくり読みたくなるタイプで ^^;)の上に、気に入った作家がいると、その人ばかり読んでしまって、好みが狭いんです。アウトドア関係の作家さんも読んだことがなくて… でも、沢野さんは、こちらの紹介文を拝読していて、読んでみたくなりました。

 あ、山の本は読んでいませんが、漫画の『岳』だけは大ファンでした。映画はTV放映分を録画したままで、まだ観てないけど… 秋は山に読書に映画に… ホント、なんでも良い季節ですね(^^)
Commented by mrkgen at 2012-10-31 08:19 x
読みたい本を探していたので、グッドタイミングだわ。
この頃、ものを増やしたくなくて、図書館で本を借りて読んでます。
山めしの本はなかったです。買わなくちゃかな(^_-)

お酒のムーディな写真、翼さんならではのショットですね。
こんな写真を眺めているだけで、酔った気分になれますよ!
Commented by fumifumi at 2012-10-31 15:53 x
こんにちは~
10月も今日で終わりですね。
秋の夜長、バーボン片手にお気に入りの本なんて
やっぱり翼さんらしいです。
「山の帰り道」、読んでみたくなりました。
山めしのブログは翼さんが紹介されてからすっかりファンになりました。
もう本も買われたんですね。
翼さんの紹介文って、どれも思わず読みたくなるような気分になっちゃうから不思議ですよね。
Commented by at 2012-10-31 17:25 x
Nonさん★
いつもありがとうございます。
本は一時期物凄いペースで読み漁ったことがあります。ほとん
どがノンフィクション系かアウトドア系で、特に釣行記が好き
でしたね。渓流遡行記など読むとワクワクしたものです。どう
して渓流釣りをする人って、あんなふうに読者を引き込む文章
が書けるのかと感心しきりでした。
沢野さん、機会があったらぜひ読んでみてください。身近な出
来事って感じでストーリーが進んでいきます。センチメンタル
な山行記なんて、今の季節にピッタリですから。
Commented by at 2012-10-31 17:56 x
mrkgenさん★
いつもありがとうございます。
そうですか、グッドタイミングでしたか、それは良かったです。
「山めし」は確かに図書館ではちょっと難しいかなァ…
ムーディな写真ですか、ありがとうございます。正直言うと、
酔いながら撮った画像なんですけどね(笑)こんな画像撮って
いると、いつも妻が隣でクスクス笑ってますよ。
そちら、もう冬支度でしょ。我が家でも先日から石油ストーブ
を出しました。今夜もツラツラ呑みながら、お気に入りの一冊
でも読み返してみますか。
Commented by at 2012-10-31 18:05 x
fumifumiさん★
いつもありがとうございます。
バーボン片手になんて… 以前からお付き合いがある方は何と
なく納得でしょ、またかって感じでね(笑)
沢野さん、ぜひ読んでみてください。きっと共感するフレーズ
がありますよ。私は彼のちょっと怪しい恋の話が好きなんです
よね。
山めしブログ、お気に入りですか。なんか山に行って、ごはん
作りたくなりません?fumifumiさんも撮影とかで出向く機会が
多いと思いますが、山めし派ですか、それともコンビニ派かな。

Commented by m-kotsubu at 2013-03-21 00:32
こんばんは♪
今更ながら昔の記事にコメントすみません…^^;
『みんなちさこの思うがままさ』復刊されましたね。
実は今読んでます。
といっても、時間がなくてなかなか進めないのですが…。^^;
こんなふうに山を歩き、森の一部になれたらなぁ…って憧れてしまいます。
ある種の才能なのでしょうね。
毎日時間に追われて、それでも山と写真はやめられず…(笑)
もっと時間があったらなぁ~って思います。^^;
Commented by at 2013-03-21 16:30 x
m-kotsubuさん★☆★
いえいえ、過去のレポでも読み返していただけたなんて、とっ
ても嬉しいですよ。池田さんの本、復刊されたのですか?今で
も結構反響あるのかも知れませんね。私もこの本が欲しくて仕
方なくて、浦和浪漫山岳会の高桑代表に直接連絡を入れて入手
しました。
山を想い、渓を想い、そしてブナを想う池田さんの文章が素晴
らしく、今でも時々読み返してます。森の一部になれたら…
私もそんな心根で山歩きがしたいですし、写真も撮りたいです。
kotsubuさん、今回はありがとうございました。埋もれかけて
たレポが喜んでます。