pode ser um romance

里山逍遥 No3 「 移りゆく 里の色に秋は来ぬ… 」 (゚ー゚☆キラッ

b0255992_1330331.jpg
ちょっと油断していたら、通い慣れた森もすっかり様変わり。
カンカン照りだった夏は往き、秋になればなったで、風物は一様に感慨深いもの。
ということで、今回は秋薫る森の小径のひとコマをレポしよう。



b0255992_13485519.jpg
森に入るとすぐに出会うのがキバナアキギリだ。
この時季、里山ではすっかりお馴染の花。不思議なことに、森の手入れをするようになってから、この花がどんどん増え出した。
たくさん寄り添って咲いていて、この日も散策に訪れた人たちを楽しませていた。


b0255992_1414792.jpg
こちらはハンカイシオガマ。
この日歩いた森では3年ぶりの出会い。一時期姿を消していたため、てっきり盗掘されたものと思っていたが、細々と生き長らえていたようだ。
「 人目を忍んでひっそりと… 」 そう思うと、愛しさのあまり何度もシャッターを切った。


b0255992_1412510.jpg
お馴染ヤマジノホトトギス。
今シーズンはあちこちの山道で出会ったけど、やっぱり通い慣れた森でも会いたい花だ。


b0255992_14183398.jpg
森の日溜まりで見つけたオケラ。
新芽の頃は 「山で美味いはオケラにトトキ」 と謳われるほど美味しい山菜だ。以前はどこの里山でも見られたらしいが、最近はめっきり少なくなってしまった。


b0255992_1525014.jpg
こちらはアキカラマツ。
こんなふうに林縁にポツンと咲いていると、なかなか風情があっていい感じだ。


b0255992_183229.jpg
ノハラアザミも秋の里山を代表する植物のひとつ。キラキラした初秋の陽射しによく似合う。


b0255992_15331297.jpg
こちらはタムラソウ。
一見、アザミのようだがよく観察すると葉っぱにトゲがない。タムラソウは 「田村草」と書くが、名前の由来はよく分からない。どちらかといえばアザミは夏の花だが、タムラソウは秋の花という印象が強い。


b0255992_15373263.jpg
そしてこちらがミヤコアザミ。
名前はアザミだが、こちらもアザミの仲間ではない。最近では特に珍しい植物になってしまったようだが、運よくこちらの森では数株がまだ残っている。
花姿にこれといった派手さはないが、ミヤコアザミという名前が洒落ている。そう思いません?


b0255992_15452393.jpg
湿地や休耕田のそばに咲いていたのはサクラタデ。
最初にこの花を見つけた時はとにかく嬉しかった。タデ科の植物はどちらかといえば地味な容姿だが、このサクラタデは別格だと思う。
ほんのりサクラ色の花弁は、タデの仲間としては大きいし存在感がある。個人的に好きな花なので、この花だけは毎年必ず会うことにしている。


b0255992_1554493.jpg
こちらはキツリフネ。
里山では比較的珍しい花で、どこにでも咲いているというものでもない。こちらの里山でもヘビが出そうな近づき難い藪の中にひっそりと咲いている。


b0255992_15571436.jpg
気付けばコムラサキの実もしっかり色付いていた。
たぶん、もともとこの場所には自生していなかったものと思うが、どうした経緯で、なぜここに根付いたのかよく分からない。
木の実って、意外と絵になり難いと思う。だから、こんなふうにグッと寄って誤魔化すことが多い。


b0255992_1633592.jpg
こちらはキチョウとヤマハッカの組み合わせ。
一見、か弱いキチョウもこのままの姿で厳しい冬を越してしまう。この小さな体のどこにそんな強かさを秘めているのだろうか…


b0255992_1832423.jpg
森の中の水辺では、時折こんなふうに赤トンボにも出会う。
こちらは 「リスアカネ」 という赤トンボ。
リスとは、スイスのトンボ学者とのことであり栗鼠とは関係ない。尻尾の部分の鮮やかな茜色と、焦げ茶色に染まった翅の先端がちょっと粋なトンボだ。比較的珍しいトンボなので、出会った時はちょっと得をした気分になってしまう。


b0255992_16254949.jpg
こちらはさらに珍しい赤トンボで、マイコアカネという。
名前のマイコとは、このトンボの顔面の青白さを、京の舞妓さんの 「うなじ」 をイメージしたものだという。
その希少さと相俟って、一度は見てみたいと散々探した赤トンボだったが、意外にも身近な森で出会うことができた。


b0255992_16345425.jpg
時季なので、ここからは森で出会えたいくつかのキノコたちを紹介しよう。
まずはハナオチバタケ。
漢字で書けば「花落ち葉茸」。ピンクや薄紅色のタイプは森の妖精とも呼ばれるが、残念ながらこちらは地味な色合いのタイプ。


b0255992_16393654.jpg
真っ赤な傘が印象的なタマゴタケ(玉子茸)
前にも書いたが、こちらは優秀な食菌。つまり、美味しくて珍重されるっていうこと。せっかくの森の恵み。この日も有り難く頂戴して得意料理と相成ったが、それは後半で。


b0255992_1643221.jpg
こちらはタマゴタケとは親戚筋にあたるキタマゴタケ(黄玉子茸)
ご覧のようにレモンイエローの可愛らしいキノコだが、これがまた食べてみると美味。今回は採取はせず、まずはカシャっと一枚。で、このままそっとしておきましょ。


b0255992_16463419.jpg
なんとなく絵になると思って撮ったクヌギタケ(椚茸)
このキノコも頻繁に見かけるけど、背丈が小さくて撮影するのがつい億劫になってしまう。ということで言い訳も踏まえて、とりあえず一枚。


b0255992_16501156.jpg
ギョッとするほど大きくて目立つカラカサタケ(唐傘茸)
このキノコはフライにすると美味しいというが、その風貌からしてどうも食べる気にはならない。


b0255992_1653823.jpg
落ち葉の間からニョキっと出てきたツチカブリ(土被)
森で見かける白いキノコは、そのほとんどが毒キノコと思っていい。だけど、これは人間の偏見。毒があろうと無かろうと、キノコは森の中では立派な分解者としてしっかり貢献している。そんな働き者であるということを覚えておいて欲しい。


b0255992_165938100.jpg
こちらはシロオニタケ(白鬼茸)
ご覧のように、柄の部分といい傘といい、白いブツブツが特徴の毒キノコだ。決して珍しいキノコではないので、お目に掛かっている方も多いだろう。大きいものでは、傘の直径が20cmくらいになるものもある。


b0255992_1745738.jpg
落ち葉はいずれ土に還る…
ホオノキの落葉には不思議な魅力があって、見つけるとついカメラを向けてしまう。




b0255992_177396.jpg
ここからはオマケのレポということで。
せっかくのタマゴタケなので、あれこれ悩んだものの旬な素材を生かすべく、やっぱり得意のパスタにすることに。


b0255992_179214.jpg
揃えた材料はこんな感じ。
タマゴタケ、アスパラ、ベーコン、バジルなど。


b0255992_17103494.jpg
炒める時はサラッと。
あまりグジグジ炒めるとタマゴタケの食感が落ちてしまう。オリーブオイルはできればハイソなものを使いたい。あッ それから乾燥バジル、これも隠し味には欠かせませんので。


b0255992_17144876.jpg
フライパンにあらかじめ茹でておいたパスタを投入し、仕上がり前にバジルの葉っぱを絡めれば出来上がり。
サラッと炒めただけでもタマゴタケの出汁がほどよく出て美味。今回は、アスパラも加えてみたけど相性はバッチリ。


The End
by windy1957 | 2012-10-02 17:36 | memory of Satoyama | Comments(14)
Commented by at 2012-10-02 21:11 x
こんばんは。
森には、たくさんの可愛い花がありますね。
キラキラと秋の光を浴びたノアザミのお写真が、特に素敵。
それに、何と言ってもキノコが魅力的。
こんなにいろんな種類があるのですね。
キタマゴタケの可愛さにやられました。

タマゴタケのパスタも美味しそうですね~。
Commented by 矢車草 at 2012-10-03 16:39 x
翼さん、こんにちはー♪

またまた里山の魅力たっぷりのレポありがとうございます!
計らずも私もこの週末は里山散歩でしたよ(^^♪

それにしても、沢山の花達にカメラを向けて、どの子も喜んでいるみたい。
そう、山ではなかなかゆっくり写真を撮れないこともあるのだけれど、
里山ではたっぷり時間がありますものね、って私はさっさと歩いて行く相棒を
追っかけて不完全燃焼でしたが(^^ゞ

キノコも素敵ー!
一番素敵なのは、タマゴタケのパスタ♪ う~ん、美味しそうだこと!
お花もですけれど、キノコの名前も詳しくてらっしゃるんですねェ。
やっぱり翼さんの後をつけて歩きたいものです(笑)
Commented by よしころん at 2012-10-03 17:04 x
翼さん、こんにちは^^
森はいつのまにかすっかり秋の気配ですね♪
マイコアカネ、綺麗なトンボですねぇ。
なるほどなんとなく舞妓さんの風貌のような・・・
キノコの季節にもなりましたね。
昨日もたくさんのキノコに会いました。
どれも食べられるような、食べられないような・・・
手は出さないようにしております。(笑)
Commented by at 2012-10-04 08:39 x
空さん★
いつもどうもです。
里の秋、本番はこれからですが花々はそろそろ最終章になって
きますね。林縁にリンドウが咲き出せば幕引きの準備です。
今季はあちこちで紅葉が遅れているようですが、秋の山巡りの
楽しみにキノコ観察があります。色彩豊かなもの、可愛いもの
大きいもの、キノコの魅力は様々ですが、撮影も楽しいもので
すよ。それから食べられるキノコ、これを探し歩くのがまた楽
しいんです。
タマゴタケのパスタ、美味しいですよ。決め手はバジルですね。
Commented by at 2012-10-04 08:49 x
矢車草さん★
いつもありがとうございます。
この時季はキノコですよね。秋の花々も風情があって良いので
すが、山道を歩くと、つい目が行ってしまうのはキノコですね。
今シーズンはやっぱり温暖化の影響でしょうか、タマゴタケも
まだまだたくさん見れますね。本来ならもう少し早い時季に出
てくるキノコだと思うのですが。
今秋の山歩き、さて何処を歩きましょうか。あちこちの情報で
は紅葉が遅れているとか… 高い山はちょっと無理そうなので
里山巡りがメインかなぁ。とりあえずは尾瀬ですね。たぶん尾
瀬は今季ラストになるでしょう。会いたいんですよ、ブナの黄
葉に。尾瀬にも美味しいキノコがたくさん出ますけど、採集禁
止ですからね。専ら撮ることに専念です。
Commented by at 2012-10-04 08:59 x
よしころんさん★
おはようございます。
仕事が始まってますが、こっそりレスです(笑)
秋の山歩き、花々の撮影はリンドウで最終章ですが、これに代
わって楽しませてくれるのがキノコです。撮影がメインか、食
べられるキノコ探しがメインか、人それぞれですが、私はどち
らかと言えば撮影がメインですね。
よしこさん、正解ですよ。キノコは怖いです。分からなければ
手を出さないことなんです。あやふやな印象でキノコを採ると
悲惨なことになります。スーパーで買うマイタケやシメジがい
ちばん安心でしょうね。
ということで、山の紅葉ですね。今秋はどちらを計画中でしょ
うか?とりあえず私は来週後半あたりブナに会いに行きたいと
思ってます。たぶん尾瀬でしょうね。大清水から入ろうと考え
てますが、どうなるでしょうか。ま、天候しだいですけどね。
Commented by fumifumi at 2012-10-05 00:11 x
こんばんは~
日中は暑いですが、もう10月ですものね、森の中はキク科の植物など咲き出して、もうすっかり秋の気配ですね。
里のサクラタデも美しくって、この花も毎年見たいリストに入っています。
赤とんぼも可愛いですね。
マイコアカネはこれほどお顔がはっきりと青くなっていませんでしたが、昨年初めて見ました。
翼さんのタマゴタケのパスタ、メチャメチャ美味しそう~(^^♪
Commented by Non at 2012-10-05 00:29 x
 こんばんは。9月末~10月は、栃木県内でちょうど亜高山の紅葉が始まる時期なので、里山へ出向く機会が減ってしまいます。たぶん、そのせいなのだと思うのですが、知っているようで知らない花がいくつもありました。
 まず、ハンカイシオガマ。この花の高山型が、ヨツバシオガマなどになるのでしょうか? どこかで見つけてみたいです。
 ミヤコアザミは、出逢っていても見過ごしてしまいそう… サクラタデ、すごく繊細に見えます。きっと、よく見ないと見つからないのでしょうね。

 里山の小径を飾る花たち。これからも無事に生育できますように…
Commented by at 2012-10-06 14:22 x
fumifumiさん★
サクラタデ、いいですよね。
この時季になると、必ずでかける畦道があります。約束していたように
会えると、やっぱり嬉しいですね。小さい花で撮影が難しいですが、ほ
のかなピンクの色合いが何とも言えません。
マイコアカネもご存じでしたか。
ラッキーな出会いだったと思います。長年探していたトンボだったので、
出会えた時は夢中でシャッターを切りましたよ。顔面もこのくらい青白
くなれば、もう立派な成熟個体だと思います。
タマゴタケのパスタ、味はバッチリでしたよ。
Commented by at 2012-10-06 14:34 x
Nonさん★
紅葉の山めぐり仕事の関係で、少し計画がズレそうです。Nonさんの
ブログでいろいろ情報がUPされているので、参考にさせていただきま
す。まずは来週あたり、尾瀬でブナの黄葉に会いたいと思ってますが、
どんな様子ですかね。
ハンカイシオガマは、ヨツバシオガマとは系統的に異なると思います。
ハンカイシオガマは背丈も大きく、根元から先端まで1m以上あります。
画像では分かり難いと思いますが、スケールの大きいシオガマです。
ミヤコアザミは、ほんと地味な感じですから見過ごしてしまうことが多い
と思います。こちらでも非常に稀な植物なので、いつまでも健気に生き
長らえて欲しいです。
Commented by sizuku at 2012-10-07 11:47 x
翼さん、こんにちは(^^♪
そちらの森でもすっかり秋の装いですね。
トップのノコンギク、わたしも、出逢うたびに撮っていますが、なかなか翼さんのように美しく撮れません。
野菊の仲間をしっかり覚えたいと思いつつ、なかなか覚えられません。
キチョウとヤマハッカのお写真、いいですね。キチョウは、このまま冬を越す…本当に神秘に満ちた生命力ですね。
キノコは、翼さんには、敵いません。写真の腕も、知識も、料理脳でも…^m^
Commented by at 2012-10-07 14:57 x
sizukuさん★
ようこそ、お出でくださいました。
このところ野暮用が続き、忙しい日々を送っていましたが、ここへ来て
やっと一息入れてます。
これからはノギクの時季ですね、あちこちの里山を歩いて色々と撮っ
て歩きたいのですが、いつも挫けてます。
キノコはローアングルで撮ると雰囲気が出るので、アングルファインダ
ーを使うと便利ですよ。キノコは素材が生かせて、しかも手軽で美味し
く頂けるので、やっぱりパスタがいちばんですね。
Commented by ステラ at 2012-10-18 08:30 x
あぁー楽しかった!
見ていてこんなに楽しい気分になれるんだから翼さんのようにたくさん知っていたらもっと楽しいのでしょうね・・
お花はもちろんだけどきのこの個性的な姿とても愛くるしいですね
パスタも美味しそうです、料理得意なのですね♪
ありがとうございました
Commented by at 2012-10-18 19:14 x
ステラさん★
ようこそ。
楽しかったですか?そう思っていただけるだけで嬉しいですし、励みに
なります。キノコの撮影は、ちょっとした配慮が必要なんですよ。まず、
目線をキノコのレベルに合わせることですね。こうすることによって、キ
ノコの存在感がグッと強調されます。ま、これは生き物すべての被写体
に言えることかも知れませんが。
パスタとチャーハンは得意中の得意です。機会があれば、ぜひご馳走
したいです(笑)