pode ser um romance

北横岳 「夏の行方は雨とともに…」 C=(^◇^ ; ホッ!

b0255992_10302193.jpg
白駒池以来の北八ツは、もう夏も終わり?って感じの雨模様。
それでも北横岳あたりは、人・ひと・ヒトの人気エリア。
ということで、今回は北八ツ「北横岳」のちょい登りレポです。




b0255992_1040328.jpg
自宅を5時半に出て、関越道~上信道を飛ばし、北八ヶ岳ロープウエイの山頂駅に着いたのは9時ちょっと過ぎ。
この時は、気持ちのいい青空がまだ広がってた。


b0255992_10453494.jpg
ロープウエィ駅の中はこんな感じ。
相変わらず中高年の方達が多いこと。


b0255992_104642100.jpg
ゴンドラに乗るまではご覧の列。
ま、時間も時間なので仕方ないか。


b0255992_10481836.jpg
このゴンドラが凄い。
いっぺんに100人も乗れてしまう。しかも速い!標高差500mもアッと言う間だ。


b0255992_10532024.jpg
ゴンドラを降りると、そこは坪庭。
登山&トレッキングの人たちが三々五々歩き始める。


b0255992_1055335.jpg
イブキジャコウソウもまだまだいっぱい咲いていた。


b0255992_1056221.jpg
こちらはキンロバイ。
もう終盤って感じで、坪庭あたりでしか見れなかった。


b0255992_1057222.jpg
お馴染のハクサンフウロ。
夏から晩夏の山や高原ではこの花がいつも出迎えてくれる。


b0255992_10592381.jpg
こちらはハナイカリ。
この画像を撮っていると、ご婦人から「なんの花ですか?」と訊かれ「えっと~」と、一瞬のドワスレ。下山している最中「ハナイカリだッ」って思い出した次第。


b0255992_1131042.jpg
いいですねぇ、まだ青空がのぞいてます。でも、登山道はご覧の通り。


b0255992_1143878.jpg
コメツガ、シラビソを主体とした北八ツ特有の林相。


b0255992_1154139.jpg
登山道に取りつく前に、本日の到達点、北横岳を1枚。


b0255992_119424.jpg
混雑してるので、休憩を挟みながらの楽チン登山。
右手前方には縞枯山がデーンと。


b0255992_1113949.jpg
アキノキリンソウ。
この時季なら、大概どこの山や高原でも会える。ここでは山頂までずっと咲いていた。
(ミヤマアキノキリンソウだったらゴメン)


b0255992_1115195.jpg
いよいよ登りらしい雰囲気になってきた。天気は俄かに下り気味。


b0255992_1121349.jpg
登山道からは、時折、縞枯山が顔を覗かせる。


b0255992_11223448.jpg
途中、坪庭から縞枯山にかけてを俯瞰できるポイントがあった。
画像からは伝わり難いが、結構迫力ものでちょっと怖い。


b0255992_11251617.jpg
大きな石がゴロゴロした登山道をさらに登る。
でも、混雑してるので超ゆっくりペース。


b0255992_11264473.jpg
少し息を整えて小休止。
振り返るとこんな感じ。


b0255992_11271817.jpg
最初のピークをちょっと過ぎたあたり。
振り返るとこんな感じ。


b0255992_11291425.jpg
鬱蒼とした登山道が明けたと思ったら、呆気なく北横岳ヒュッテに到着。
雨模様となってきたので、休憩はとらずそのまま山頂を目指すことに。


b0255992_11324584.jpg
時季ですねぇ、山小屋の前のヤナギランがいい感じ。


b0255992_11333710.jpg
七ツ池かぁ… ポタポタ雨音。
やっぱり山頂を目指すことに。


b0255992_11372084.jpg
北八ツの森は、針葉樹が主体。
なんとなく北欧風?。


b0255992_11392268.jpg
葉っぱの上にトゲトゲがいっぱい。
これはハリブキ。新芽の頃はタラの芽に似た感じで食べると美味しい。


b0255992_11433351.jpg
とうとう雨も本降りになっちゃいました。
南峰(2471m)から何となく雨池山、三ツ岳方向を眺めるも雨でこんな感じ。


b0255992_1149245.jpg
もう少し頑張って北峰(2480m)まで登る。
頂上はまさに本降り。


b0255992_1151156.jpg
双子池もいいけれど、雨脚は強くなるばかり、オマケに寒い! 夏は何処へやら…


b0255992_1153133.jpg
雨の中、それでも花を撮る。
ただ今、同定中。


b0255992_1154792.jpg
雨に追われながら、先ほどのヒュッテまで黙々と下りてきた。
時間はちょうどお昼時。


b0255992_11561195.jpg
本日のメニュー。
チタンフライパンの上でササっとこしらえた鶏肉入りのパスタサラダ。梅しばのおにぎり。まずはオールフリーをプシュ。


b0255992_11594951.jpg
雨も小降りになったので、ゆっくり下山。
登ってくる時は気付かなかったけど、ゴゼンタチバナがまだ咲いていた。


b0255992_121246.jpg
北八ツといえば、苔でしょ。
これはサンゴのような苔? ただし、名前はまったく分からない。


b0255992_1231671.jpg
こちらはスギゴケ。
胞子体がやや赤い。


b0255992_1253731.jpg
こちらもスギゴケ。
こちらの胞子体は白っぽい。


b0255992_1264791.jpg
これはガンコウランの果実。
ひとつ摘まんで食べてみるとほんのり甘酸っぱい。クラウ・ベリーといって、この果実から上等なジュースやジャムができる。


b0255992_12111366.jpg
こんな感じで実が付いている。
下山をして1時間余り。雨はすっかり止んで、また青空が戻ってきた。


b0255992_12125225.jpg
久々の北八ツ。
最初と最後は晴れ模様で、登山の最中は雨降り。この雨とともに夏も終わりかな… って思ったけれど、やっぱ下界は暑いわ。
振り返れば、北八ツの山々が「秋も絶対いいよ」っていってるけど、そういえばこの山麓あたり、キノコも気になるしねェ。さて、どうしよう…
by windy1957 | 2012-09-08 12:22 | mountaineering | Comments(10)
Commented by よしころん at 2012-09-08 19:58 x
おぉ~! 夏の北八ツ!! こんな雰囲気なのですね。
実は冬にしか登ったことがなく・・・
しかも一度はロープウェイ点検のため、誰もいないゲレンデを下から登ったという思い出が(笑)
-15℃の思い出の地でし。
やはり夏はすごい人なのですね~~ ^^;
ガンコウランの果実、こんど探してみます。

ヤナギランと北横岳ヒュッテ写真、とてもいい感じです♪
Commented by at 2012-09-08 21:13 x
おッ、よしこさん、早いっすね。
いつもありがとうございます。
そうですか、北八ツの思い出って、冬山のみなんですね。夏場はこん
な感じで人気の山域なんですよ。それでも端境期の平日とかは閑散
としていて物静かな森歩きができますよ。山菜とか、キノコとか、とにかく遊び人には魅力的なエリアなんですよね。
ガンコウランの果実はこれからが旬です。機会があればぜひ、ご試食を。
Commented by Non at 2012-09-10 00:59 x
 こんばんは。北八ツに行かれたというお話だったので、ブログUPはいつだろうなぁと思っていました。山行そのものは長くないけれど、雨にも負けず、じっくりと楽しんでおられる様子が伝わります(^^)
 那須岳もそうですが、ゴンドラなどが運行している山は手軽で人気が高いですね。岩ゴロで歩きにくい登山道は、逆にゾロゾロのんびりが余裕ができて良いような気がします。

 北横は、2009年6月、まだシャクナゲも咲いていないオフシーズンに出かけました(山小屋3泊という、今思っても贅沢な山旅だった)。初めての八ヶ岳で、苔むす森の雰囲気に恍惚としつつ(笑)、時間をかけて楽しんだのを思い出します。う~ん、また行きたいですねぇ。
 確かに秋も良さそう。行きたい山が多くて困ります。

 この週末はいかがでしたか? ウチは再び奥日光へ向かい、懐かしいコースを逆に歩きました。山奥では、そろそろ紅葉も始まりそうですね。
Commented by at 2012-09-10 09:50 x
Nonさん、おはようございます。
いつもありがとうございます。北八ツのレポ、読んでいただき
ありがとうございます。内容はざっとあんな感じですが、人が
多いんですね。ルート的にはトレッキングみたいな感じで比較
的楽ですね。
場合によっては雨も趣がある登山になりますけど、今回はやっ
ぱり晴れて欲しかったです。北八ツの森は針葉樹と苔が魅力的
で、点在する池沼群を巡りながら一人でのんびり歩きたいので
すが、なかなか思うようにいきませんね。
以前は山小屋泊で北八ツを歩かれた経緯があるのですね。今回
のレポがそんな思い出に繋がったのであれば嬉しいです。
週末は奥多摩の御岳山に行ってきました。思ったより晩夏の花
がたくさん咲いていて楽しかったです。こちらも人気の山域。
たくさんの登山者が訪れていました。
Commented by sizuku at 2012-09-12 00:21 x
そっと、秋が訪れたような、北八の景色いいですね。
抜けるような青空にも秋の気配が漂いますね。

北八らしい、素朴なログのヒュッテもいい感じです。
わたしも、9月の高見石小屋から、白駒池、麦草峠へと歩いた事を思い出しました。
ハクサンフウロとヤナギラン、針葉樹の森と苔とガンコウランのお写真素敵です。
Commented by 翼@移動中 at 2012-09-12 11:17 x
Sizukuさん、ようこそ。
北八ツは鬱蒼とした針葉樹の森と、苔むした登山道がなんとも雰囲気があって良いですよね。今度は、のんびり池沼巡りなんて計画してみようかと思ってます。今秋も行きたいところがいっぱいです。そうそう、ガンコウラン今度摘まんでみてください。甘酸っぱくて美味しいですよ。

Commented by 矢車草@休憩ちう at 2012-09-12 14:56 x
翼さん、こんにちはー♪

北横はこちら側からはいつも雪がいっぱい積もったころを見計らってしか
歩いたことがないのですが、岩々のトレイルなんですねーここ!
お花の写真はもちろんですが、苔の写真がどれも素敵❤
苔好きの私にはたまりませんー(#^.^#)

尾瀬でハリブキが食べられるって聞いて、先端恐怖症の私には無理と思いましたが、
あら、美味しいんですかぁ。それは一度は食べてみないとですねェ(笑)

ヤナギランも大好きな花ですが、今年は一度もお目にかかれませんでした。
こういう針葉樹林の森の中を歩くのっていいですよね。
あの森の香りを嗅いだだけで、嬉しくなってしまう私です♪
Commented by いちじん at 2012-09-13 00:50 x
9日~10日、麦草峠から天狗岳(黒百合ヒュッテ泊)に行ってきました。10日は晴れて北アルプスも南アルプスも望めました。
北横には今年2月にアイゼン付けて登り(冬山初体験)、マイナス15度の世界を体感しました。
北横の晩夏の混みようには驚きました。同定中の花、天狗岳では見ませんでしたが、先日黒斑山でたくさん見ました。
今回覚えた苔はチシマシッポ苔でした。そうそうこの両日、白駒荘では、苔の研究会が開催されていたようでした。
Commented by at 2012-09-13 09:51 x
矢車草さん、いつもありがとうございます。
会津駒のレポ読ませていただきました。それにしても矢継ぎ早
な山行ですねェ。今回も素晴らしい内容でした。といいながら、本当は羨ましいんですよ。相方さん共々充実した山登りしてま
すね。
里山歩きをしていると、それなりに旬な味、食べる、食べれな
いということに興味が湧いてきます。機会があれば、ハリブキ
(新芽)を、ぜひご賞味ください。
コメツガやシラビソの針葉樹の森は何となく高貴な感じがしま
すよね。あの森の香り、私も好きです。
Commented by at 2012-09-13 09:59 x
いちじんさん、ようこそ。
けいこさんの麦草峠~天狗岳の山行レポ、読みましたよ。
そうですか、北横は冬山(厳冬期)登山にチャレンジされたんで
すね。凄いなぁ、冬山は私には無理っぽいです。夏の北八ツは人
気スポットなんですね。登山者の多さには私もビックリでした。
苔は難しいですね。同じ菌類でもキノコならともかく、苔となる
とまったくお手上げです。いちじんさんの向学心、見習わないと
いけませんね。
苔の研究会ですか?いろいろあるものですね。でも、ちょっと面
白そうですね。