pode ser um romance

里山逍遥 「真夏の午後の森は汗・あせ・アセなのです」

b0255992_22739.jpg
ここは、かれこれ5年ほど前から手を入れ始めた森。
メンバーはほぼ毎週末、手弁当で猛暑の中の下刈り、寒風吹く中での伐倒作業、小雨の中での動植物調査等に取り組んだ。その甲斐もあって、鬱蒼として荒れ始めていた森がとっても明るく親しみやすい森になった。
真夏の午後、暑い盛りだったが久々に妻を連れ立って馴染みの森の小道を辿った。



b0255992_22145646.jpg
歩きはじめてほどなくすると、ポッカリ森が開け、目の前に谷津田が広がる。

b0255992_22182872.jpg
休耕田では、涼しげなヌマトラノオが今年もひっそりと咲き始めていた。

b0255992_2395849.jpg
おや?林縁の小道では、早々とユウガギクが花を付けている。

b0255992_22253257.jpg
オオシオカラトンボ(♀)も、この暑さではちょっと小休止。
そぉーっと擦り足、差し足でカシャ。

b0255992_22281737.jpg
ノハラアザミに遊ぶイナゴ君はちょっと照れ屋さん。
b0255992_2363569.jpg
カメラを向けると、ほら、すかさずご覧のとおり。

b0255992_2233048.jpg
ポタポタ大粒の汗を流してちょっと小高いビューポイントに。夏雲湧く里山を眺めながら大休止。遠くの山並みは秩父や奥多摩の山々だ。

b0255992_2240271.jpg
緩やかな長~い下り坂。目の前の小枝にピタッとキアゲハが止まった。
微動だにしないのですかさずカシャ。う~ん、ちょっと露出が…

b0255992_22473442.jpg
典型的な二次林の森。そしてそこは人と自然が共生してきた森。
春夏秋冬さまざまな生き物たちとの出会いが楽しい。吹き出す汗を森の小道を流れる風が撫でてゆく。

b0255992_22552211.jpg
のんびり歩いて小一時間。
軽く心地良い疲れ。
見上げれば頭上を覆う夏緑林。
あぁ やっぱ気持ちいいね。
by windy1957 | 2012-08-06 23:02 | memory of Satoyama | Comments(14)
Commented by 矢車草 at 2012-08-07 19:20 x
翼さん、こんばんはー♪

近くにこんな素敵な森があるなんて羨ましいなぁー!
それも、みなさんで手入れしている森だなんて素晴らしいことですね。
お花に虫たちに・・・楽しみもいっぱいですね(#^.^#)

あ、前記事の「いかくんサラダ」美味しいですよねー!
私は山めし礼賛さんお手製で2回もいただいちゃいましたけど^^;
簡単なのに、セロリの爽やかさとキュウリの歯ざわりとイカくんが絶妙ですよね♪
Commented by at 2012-08-08 13:06 x
矢車草さん、どうもありがとうございます。
はい、メンバーの苦労もあって素敵な森になりました。
最近では、あちこちから散策を楽しむ人が来ていただき
口々に「癒されますね」と言ってくれます。この言葉が
嬉しいんですよね。これから秋にかけて装いを替えた動
植物たちにもまた会えます。これもまた今から楽しみな
んです。

いかくんサラダは、山めしとしても酒の肴としても傑作
だと思います。礼賛さんのレシピって、ほんと刺激的で
すし、発想がユーモアで楽しいですよね。
Commented by Non at 2012-08-08 20:45 x
 こんばんは。ここ栃木県央には、篠井富屋連峰(別名・宇都宮アルプス)、古賀志山と2つの歩きやすい里山があって、よくウロウロと歩き回っています。
 ある日、古賀志山で地主のお一人と立ち話をする機会があったのですが(林道で普通に話しかけられた)、たとえ県立公園内であっても、里山を維持するのはとても大変だと。人と密接な里山、もっと大事にされるべきだと思いますね。

 ところで、やはり昆虫の写真、すごいお上手ですね。撮影に慣れておられるんだろうなと思いますが、実際に見ているようです。
 
Commented by at 2012-08-09 08:29 x
Nonさん、ようこそ。
里山の保全活動は、考えているほど難しいものではないような
気がします。むしろ継続して続けることが大切だと思います。
最初の意気込みがいつしか薄れ、結局、中途半端で森の手入れ
が途絶えてしまえば、かえって森の荒廃につながる危惧があり
ます。
地道に下刈りを続けること、枯損木を伐倒こと、除伐をするこ
と、こうした作業を続けることが森の更新につながると考えます。
これが私たちが7年間作業に携わってきて得たものです。

昆虫写真ですか?
褒められたものではありませんが、蝶でもトンボでも愛着を持
って接しています。「語りかけるように」そんな気持ちが通じ
るのかな。
Commented by fumifumi at 2012-08-09 18:57 x
翼さん、こんばんは~
里山逍遥の響きがとっても懐かしいです。
以前から森作りに取り組んでいらっしゃることはお聞きしていましたが、
週末の作業は大変だったと思います。
その甲斐あって素晴らしい森になりましたね。
適度な光もあってトンボやチョウも住みやすそう~
奥さまも一緒に歩いて下さったなんて嬉しいことですね。
そそ、作業用の真っ赤なヘルメットもカッコいいです(^^♪
Commented by at 2012-08-10 08:37 x
fumifumiさん、ようこそ。
「里山逍遥」あの頃のエッセイは自分でも眩しいです。あんな
時間が流れていた時もありましたね。思えばfumifumiさんとは
あの頃からの知り合いですものね、自分でも懐かしいです。

森づくりとは後年度に成果が現れるものです。野草も昆虫も樹
木も、何かしらの反応をしてくれることが嬉しくもあり楽しい
ことでもあります。
えっ ヘルメットですか?これ、ドイツ製なんですよ。向こうの
樵さんのスタイルって、ほんとカッコいいんです。
Commented by いちじん at 2012-08-10 17:48 x
ご無沙汰していました。
森づくりを始めて、7年になるのですか!
凄い!
皆さんの実践力と継続力に只々脱帽です。
自然の回復の様子を本ブログで眺めるだけでなく
この森を実際に歩いてみたいです。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by mrkgen at 2012-08-10 21:32 x
森作りの大変さ、以前の記事を思い出してます。
継続する力って、モチベイションを持ち続けることでもあり、地道な努力なんでしょうね。頭がさがります。

翼さんの素敵な写真、楽しみにしています。
レンゲショウマ、こちらにはないので一度見に行きたいです。

Commented by よしころん at 2012-08-10 21:52 x
昨夜無事北岳より生還いたしました ^^v
2位の山は甘くはありませんでした。今日は二人して体中のあちこちが痛いです ^^;

明るくて歩きやすそうな森だなぁ~と思ったら、翼さん達の手入れのたまものなのですね。
人が手を入れることによって、森が再生する。
素晴らしいです♪
Commented by at 2012-08-11 19:06 x
いちじんさん、ようこそ。
森づくりと言っても、単純作業の繰り返しです。ただ、何を残し、何を育て、どのような森にしたいか、という取り組みには知恵と技術が必要です。私たちも森づくりや林業家のベテランに指導を受けてます。
いちじんさん、いつの日か機会があればこちらの森にお出でください。喜んでご案内しますよ。
Commented by at 2012-08-11 19:18 x
mrkgenさん、ありがとうございます。
お久しぶりですね。MIURAさんのブログでHNを拝見し、懐かしさが
甦りましたよ。
小さな生き物、草花、樹木たちとの会話、森づくりの楽しさは一言で
言えばこれに尽きます。ちょっとカッコつけてますかね。でも、森の中
で汗を流すことって、とっても爽快なんですよ。好きでやってることで
すから褒められたことではありませんよ。
今日、秘密の場所に行ってきました。レンゲショウマはまだ少し早か
ったですね。
Commented by at 2012-08-11 19:29 x
コロンさん、お帰りなさい。
北岳はずっと憧れの山です。ほんと、羨ましいですよ。高山植物はどう
でしたか。息をのむほどのお花畑では、十分満喫できましたか?
後ほどお邪魔させていただきますね。
森づくりの成果は後年度に現れます。今はひたすら作業の繰り返し。
でもそれでいいんです。自然はとっても偉大で繊細なもの。きっと私達
は遊ばせてもらっているのかも知れませんね。
Commented by Miki@宵の明星 at 2012-08-15 01:17 x
こんばんは!
当ブログにご訪問いただきありがとうございました。
私も早速お邪魔してみました。
とても綺麗なお写真で見入ってしまいました。
お花や虫さんの写し方にも、森に対する愛情があふれていますね。
NPOとして里山を再生なさっているのですね、素敵です!
お近くでしたらぜひボランティアで参加させていただきたい・・・なんて技術もないのに軽々しく思ってしまいました。
Commented by at 2012-08-15 08:35 x
Miki@宵の明星さん、ようこそ。
わざわざ遊びに来て頂き、ありがとうございます。
森の再生、その響きから想像できる活動ってどんなもので
しょうか。それは、決して華やかさはありませんが、夢が
ありますね、ひとことで言えばそんな感じです。ちょっと
カッコつけてますが、汗を流し、時には辛い思いもし、面
白可笑しく活動してます。
この森は約40haの面積があります。MIkiさんのように、
トレイルランとまではいきませんが、ウォーキングならば
十分に楽しめます。この森も、最近、訪れる人がとても増
えました。これはある意味で嬉しい傾向ですね。
作業の合間、今度「森コーヒー」を試してみますね。